鶴舞線の車両たちを作ろう!

みなさんこんにちは。
ナゴヤ大須店の神田です。
今日名古屋の栄周辺では「にっぽんど真ん中祭り」が開催され盛り上がっております。
お祭りを見に栄周辺へ来たお客様はぜひ当店へお立ち寄りください!
さて本日は鶴舞線を走る3050形、N3000形、名鉄100系の商品をご紹介いたします。

今回ご紹介する商品は模型工房パーミルさんの商品です。
まずはじめに写真右側の名鉄100系についてご紹介いたします。

こちらはキットの中身です。
説明書、板状の紙製ボディ、窓ガラスパーツ、ホワイトメタル製の前面パーツ、インレタ、ステッカーが入っております。
このキットは板状のものから立体的に組み立てるキットとなっております。


ボディは立体的に組み立てるとこのようになり、だんだんと車両の形が出来上がります。
乗務員室後ろの仕切り窓の角が丸まっていますので113,114,115編成が再現されていることがわかります。
車体外側の部分とドアの部分は別パーツで構成されており、普段目にする完成品などと同様にドアの部分が少し内側になっておりかなりリアルです。

塗装し、ステッカー類を貼り付けるとこのようになります。
組み立て時に車体断面を少し丸みを帯びた形状にすると、より実車に近づきます。

こちらは床下機器です。
100系のVVVF化改造車の床下機器が付属しております。
真ん中2両の150,160の床下機器の違いも再現されております。
すべての車両、床下機器の配置が実車にかなり近いと思います。
VVVFの突き出ている部分をより立体的にするなどみなさまの工夫次第で実車にもっと近づくのではないでしょうか。

つぎにN3000形です。

こちらは組み立て後の姿です。
塗装し、デカール、ステッカーを貼り付け、その他別売部品(台車など)をつけました。
このキットには帯のデカールが付属しており、車体の金属色を塗装などすればこのデカールを貼り付けるだけでできるので自分で帯を塗装する必要がありません。
(前面や屋根などは塗装する必要が有ります。)

つづいて3050形です。

こちらも組み立て後の姿です。
床下機器が見えるように横から撮影いたしました。

3050形のキットは前面パーツ、側面パーツが塗装済みで塗装する手間や、帯インレタを貼る手間がなく、今回ご紹介した中ではじめて作るのであればこちらの商品がおすすめです。
また車番や行先は付属のインレタ、ステッカーをご自身で選択出来ます。

おまけとして真ん中2両に3000形が挟まっている3159編成のインレタが付属しております。
グリーンマックスのエコノミーキット東武10000型のキットから製作し組み込み3159編成を再現するのはいかがでしょうか?


このように東武10000型のエコノミーキットには名市交3000形の顔がおまけで付いています。
もちろんそのまま組み込んでもよいですがちょっと加工して封じ込めの顔をつくるとより実車に近づくのではないでしょうか

今回ご紹介した商品の一覧です。
パーミル 名鉄100系 ペーパーキット 6両セット ¥9,500-
パーミル 名市交3050形 ペーパーキット 6両セット ¥13,000-
パーミル 名市交N3000形 ペーパーキット 6両セット ¥9,500-
今回ご紹介したすべての商品に台車などの別売パーツが必要となります。
当店ではこちらの商品に対応した台車、パンタグラフ等のパーツも販売しておりますのでぜひご一緒にお求めください。

鶴舞線以外にも近日発売開始となった福岡市営地下鉄2000系のキットも販売しております。

パーミル 福岡市営地下鉄2000系 ペーパーキット 6両セット ¥13,000-

他にも多数パーミルの紙製の商品がございます。一度紙製のNゲージに挑戦してみてはいかがでしょうか?

もちろんこの写真に写っている商品以外にもございます!

最後に塗装する場所がなくて困る…というお客様必見!
当店ではそんなお悩みを解決する塗装ブースを兼ね備えた工作スペースがございます!
工作スペースは1時間500円からご利用いただけます。
塗装が初めてというお客様も、ご利用時間には含まれますが
スタッフにお声掛け頂きますと塗装のやり方などをアドバイスいたします。
当店の営業時間中(12:00~20:00 日曜は19:00まで 定休日 火・水)
にお電話でのご予約も承っております。
まずはTel052-269-4900 グリーンマックス・ザ・ストア ナゴヤ大須店までお気軽にご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください!
本日も当ブログをお読みいただきましてありがとうございました。

One Response to “鶴舞線の車両たちを作ろう!”

  1. hotty desire より:

    hotty desire

    鶴舞線の車両たちを作ろう! « GM通信