【再生産品紹介】東武634型

こんばんは、商品企画部関根です。

昨年末に再生産のアナウンスを致しました製品より、まもなく発売となる東武634型をご案内いたします。

▲初回は2017年に出荷でした。

6050系を改造し、展望車両になった634型。

東京スカイツリーの全高634mを形式名に掲げ、2017年4月より臨時列車や団体用として現在も活躍しています。

このGWも運用はあったようですね。

▲6050系の面影はそのまま、側面の展望窓が特徴となっています。

▲カラーリングの異なる2+2の4両編成。

▲4両編成での運転を前提としているため、中間のライトユニットはオミットしています。

▲天井まで開口された展望窓はスカイツリーを見上げるため、ということらしいです。

そのため良く見える車内の座席もしっかり再現されています。

▲各所に模様やロゴが入っていますが、精密な印刷で号車番号までしっかり再現されています。

詳しい商品概要はコチラ

 

対応ステッカーは・・・

 

収録内容は・・・

「浅草」「鬼怒川温泉」「新栃木」「会津田島」「回送」など。

また、表記類に関して現在はほぼ標準装備となっている「ベビーカー」表示も収録しています。

スカイツリートレインに特化した内容となっています。

商品概要はコチラ

 

<30605>東武634型(スカイツリートレイン)4両編成(動力付き)¥22,000-(本体価格)

<8720>東武634型対応 行先表示ステッカー ¥900-(本体価格)

 

 

5月20日(月)各問屋様着となっています。

店頭での発売はその当日から数日後となります。

 

それでは、商品企画部関根でした。

3 Responses to “【再生産品紹介】東武634型”

  1. http://Www.Bestsurvivalknives.Info

    【再生産品紹介】東武634型 « GM通信

  2. Poker Online Terbaik Indonesia

    【再生産品紹介】東武634型 « GM通信

  3. international Trade centre headquarters

    【再生産品紹介】東武634型 « GM通信