【新製品紹介】JR北海道 キハ141・143形

GM通信をご覧の皆さま、こんにちは。

本社営業企画部 岩本です。

 

本日は、各小売店にて予約を受け付けております、JR北海道 キハ141・143形についてご紹介致します。


 

 

 

 

 

 

キハ141・143形について、簡単にご説明致しますと、

札幌都市圏の輸送力増強を目的として、札沼線(学園都市線)向けに、余剰となっていた50系客車(オハフ51形)を気動車化改造して投入された車両です。
キハ141形はトイレ付き・エンジン1基搭載、キハ142形はトイレ無し・エンジン2基搭載、キハ143形はキハ150形の駆動システムを採用した高出力タイプで、100番台はトイレ無し、150番台はトイレ付きです。

 

客車から改造により誕生した車両であり、グリーンマックスでは過去に生産を行っている製品ですが、今回はコアレスモーター動力搭載にてリニューアル販売となります。

 

また、動力の変更だけではなく、細かな点で変更になった部分がございますので、併せてご紹介致します。

まず、ヘッドライトが電球色に変更となります。

電球色のLEDが搭載される事により、

従来の製品よりも、より実車に近い状態を再現することができます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真は試作のライトを組み込んだ従来品です。

 

そして、もう一つの変更点として、車体の色調が変更となります。

今年の4月に発売された、キハ150形と同様に、実車に近づいた色に!

 

 

 

 

 

 

 

写真左は従来のキハ141・143形、右側が今年4月に発売されたキハ150形です。

写真を見て頂くと違いが分かるかと思いますが、グレー色調の落ち着いた感じに仕上がる予定です。

 

今回発売を予定しているのは、

<30221>JR北海道キハ141形/キハ142形 新塗装 基本2両編成セット(動力付き)・・・¥13,900-(本体価格)
< 30222>JR北海道キハ141形/キハ142形 新塗装 増結2両編成セット(動力無し)・・・¥11,400-(本体価格)
< 30223>JR北海道キハ143形/キサハ144形 冷改後 基本3両編成セット(動力付き)・・・¥17,200-(本体価格)
< 30224>JR北海道キハ143形/キサハ144形 冷改後 増結3両編成セット(動力無し)・・・¥14,700-(本体価格)

の4種類となります。

 

気動車という事で、実車の運用は様々でした。

基本的には、キハ141形とキハ142形の2両編成、キハ143形キサハ144形の3両編成を組み合わせての運用についており、例としては以下のような組成で走行をしていました。


 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期運用ではラッシュ時の6両編成が最大であり、臨時列車でキハ141/142を繋げた8両編成での走行歴もあります。

気動車特有のバラエティ豊かな編成をお楽しみ頂ければ幸いです。

発売は2018年2月を予定しており、冒頭でも述べた通り、現在受注を受け付けております。

締切りは各小売店により異なりますが、10月25日頃までとなります。

確実に手に入れたい方はこの機会にぜひご予約をお願い致します。

 

それでは。

Comments are closed.